絶対行きたい日本の世界遺産

日本の絶景

日本が誇る世界遺産

メジャーな観光地から離れていたり、交通手段が無かったり。
自力で行きづらい場所へは、ツアーで行くのが大正解。
日本国内の世界遺産を厳選しました。

今年、新たな世界遺産がまた2つ誕生しました。
「いつか行ってみたい…」で終らせないで。
「行きたい」という気持ちがあれば、今、この瞬間にグッと現実へ。

NEW

奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島

 沖縄奄美大島 マングローブ

2021年7月に新たに世界自然遺産に登録された沖縄本島北部のやんばる(山原)エリア。豊かな深い緑の山々と青い海には、ヤンバルクイナやノグチゲラなど、ここにしか生息しない珍しい動物や植物が生息しています。パワースポットとして有名な大石林山トレッキングや、本島最大級のマングローブ林でのカヌーなど、お子様も楽しめる大自然体験が盛りだくさんです。シャワークライミングではやんばるの森の奥にある秘密の滝を目指し、豪快な川遊びを楽しめます。

NEW

北海道・北東北の縄文遺跡群

 北海道青森 縄文遺跡

2021年7月、北海道と東北にまたがる縄文遺跡群が新たに世界遺産に登録されました。豊かな自然の恵みを受けながら1万年以上にわたり採集・漁労・狩猟により定住した縄文時代の人々の生活と、精神文化を今に伝える貴重な文化遺産です。北海道にある遺跡群は全部で6箇所になりますが、その内4箇所を専用のタクシーにて効率良く日帰りでお楽しみいただけるツアーをご紹介いたします。

知床

 北海道

2005年7月に海から陸へとつながる生態系がわかりやすく見られること、希少な動植物の生息地となっていることもあり、日本では三例目の世界自然遺産に登録された知床。その中でも知床を代表する景勝地の知床五湖は目の前には知床連山がそびえ、湖と山の壮大な景色を見ることができます。周辺の原生林には多くの動物達が生息おり、散策をしていると鹿やエゾリスがひょこっと現れることもあるかもしれません。そんな知床を専門ガイドとウォーキングでご案内いたします。

白神山地

 青森秋田

白神山地は秋田県北西部と青森県南西部にまたがる約13万haに及ぶ広大な山地帯の総称で、世界最大級の原生的なブナ林が分布し、この中に多種多様な動植物が生息・自生するなど貴重な生態系が保たれており、1993年12月に世界自然遺産に登録されました。中でも十二湖地域は、白神山地の麓日本海側に位置する33の天然湖沼がブナ林の自然林に囲まれた自然景観の優れた地域で、青いインクを流したような鮮やかな「青池」などを専門ガイドがじっくりとご案内いたします。

平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

 岩手・平泉

平泉には、仏教の中でも、特に浄土思想の考え方に基づいて造られた多様な寺院・庭園及び遺跡が、一群として良好に保存されており、2011年6月に世界遺産に登録されました。寺院や庭園は、この世に理想世界を創り出そうとしたもので、海外からの影響を受けつつ日本で独自の発展を遂げたものです。奥州藤原三代約100年の栄華を今もなお伝える国宝の「中尊寺金色堂」や中尊寺をしのぐほどの規模を誇ったと言われる「毛越寺」をベテランタクシードライバーと一緒に観光します。

日光の社寺

 栃木・日光東照宮

1999年に世界文化遺産登録された「日光の社寺」は日光山内にある日光東照宮、日光山輪王寺、日光二荒山神社の103棟(国宝9棟、重要文化財94棟)の「建造物群」と、それらの建造物群を取り巻く「遺跡(文化的景観)」です。江戸幕府初代将軍徳川家康公が祀られている日光東照宮には有名な「見ざる、言わざる、聞かざる」の3猿や、「眠り猫」など多様な動物の木彫りが見られます。

富岡製糸場と絹産業遺産群

 群馬・富岡製糸場

2014年に世界文化遺産に登録された富岡製糸場と絹産業遺産群。古くから養蚕業が盛んだった群馬県富岡市に官営模範工場として開業し、日本の製糸業の発展に大きな影響を及ぼした富岡製糸場と、養蚕業に関わる関連遺産で構成されています。建設には日本近代の父とも言われ、2021年の大河ドラマの主人公にも描かれている渋沢栄一氏が大きく携わっています。和洋技術を混交した工場建築の代表で、長さ100mを超える木骨煉瓦造の2棟の置繭所や繰糸所などの主要な施設は創業当時のままほぼ完全に残っており、内部見学も可能です。

小笠原諸島

 東京

2011年に日本で4番目の世界自然遺産として登録された小笠原諸島。「東洋のガラパゴス」とも呼ばれるほどの多様で稀有な生態系が評価され、その保護のため入場制限がかかる地域もあるほど。様々なルールのもとで保全された島々では、他の地域では見ることのできない自然風景が広がっています。中でも南島は1日100人までしか入れない人気スポット!専用ガイドがいないと入れない小さな無人島ですが、長い歴史をかけてできた地形と透明度抜群の海のコラボレーションなど、ここでしか見られない絶景が楽しめます。

国立西洋美術館本館

 東京

上野恩賜公園の敷地内にある国立西洋美術館は、実業家松方幸次郎氏が20世紀初頭にフランスで印象派の絵画・彫刻など多くの美術品を収集していたものを貯蔵するために1959年に設立された美術館です。ル・コルビュジエが設計を担当した本館が、2007年の国の重要文化財の指定を経て2016年に世界文化遺産されました。 *2020年10月19日より2022年春まで、館内施設整備のため全館休館しており、現在は門外から外観のみ愉しむことができます。

富士山-信仰の対象と芸術の源泉

 静岡山梨

霊峰の名にふさわしい神秘的な雰囲気をまとった富士山は日本最高峰の山で、2013年に世界遺産に登録されました。周辺には富士五湖、青木ヶ原樹海、忍野八海などの人気観光スポットがあり、多くの観光客が訪れます。7月下旬から8月中旬頃には富士登山のベストシーズンを迎え、初心者からベテランまで多くの登山家たちが山頂を目指します。ガイド付きツアーで山頂を一周するお鉢巡りや幻想的なご来光をお楽しみください。例年早く完売してしまうので、ご予約はお早めに。

白川郷・五箇山の合掌造り集落

 岐阜富山

1995年にユネスコの世界文化遺産に登録された白川郷は114棟もの合掌造り家屋が残り、今も生活をしている集落です。豪雪に耐える頑丈な合掌造りの家々と独自の文化が今に受け継がれている貴重な集落では最大の規模の和田家、当時の暮らしを追体験できる合掌造り民家園など、自然と共存し伝統を守りながら住む人々の暮らしと文化を体感できる貴重な時間をお楽しみいただけます。

紀伊山地の霊場と参詣道

 三重奈良和歌山 熊野古道

2004年に世界文化遺産として登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」。この世界遺産は、「熊野三山」「高野山」「吉野・大峯」の3つの霊場とそこに至る参詣道のことを指します。 熊野古道とは、熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)へと通じる参詣道の総称。古代から中世にかけ、本宮・新宮・那智の熊野三山の信仰が高まり、貴族から庶民にいたるまで、多くの人々が熊野を参詣しました。特に、田辺から熊野本宮に向かう中辺路(なかへち)は人気観光コースのひとつ。 熊野古道中辺路日帰りトレッキングツアーは、南紀白浜から車で移動し、雰囲気たっぷりの中辺路を語り部と一緒に歩く、究極のハイライトコース。熊野神社の総本宮、熊野本宮大社にもしっかりお参り。歴史や文化、中世から残る数々のエピソード、土地の暮らしに根付く文化や思い出話について語り部がご案内します。

法隆寺地域の仏教建造物

 奈良 法隆寺

別名を斑鳩寺ともいう聖徳宗の総本山「法隆寺」。この寺院のある生駒郡斑鳩町は日本の中でもかなり古い歴史に触れ合うことができることで知られており、この法隆寺を始め、法起寺など古くからずっと存在感を放っている神社や、古墳が立ち並ぶ、歴史が作り上げた街です。「斑鳩の里」から「西ノ京」をゆったり巡る1番人気の1日バスツアーでは、聖徳太子ゆかりの法隆寺をはじめ世界遺産薬師寺、「天平の甍」で有名な鑑真和上が開かれた唐招提寺など、奈良を代表する名所を訪れます。慈光院では抹茶のご賞味もしていただけます。

古都奈良の文化財

 奈良 東大寺ほか

1998年、世界文化遺産に登録された「古都奈良の文化財」は東大寺(とうだいじ)、春日大社(かすがたいしゃ)、春日山原始林(かすがやまげんしりん)、興福寺(こうふくじ)、元興寺(がんごうじ)、薬師寺(やくしじ)、唐招提寺(とうしょうだいじ)、平城宮跡(へいじょうきゅうせき)の8つの資産で構成されます。奈良公園の東大寺・興福寺・春日大社、車窓から春日山原始林を眺め、元興寺・薬師寺・唐招提寺・平城宮跡を巡る観光タクシーなら1日で古都奈良の文化財をしっかり観て感じることができます。

古都京都の文化財

 京都滋賀 仁和寺

1994年に日本で5件目の世界遺産として登録された古都京都の文化財。京都府京都市・宇治市、滋賀県大津市の2県3市に点在する17か所の寺社と城郭で構成されます。中でも「仁和寺」(にんなじ)は、京都市右京区にある真言宗御室派の総本山。9万平方メートルという広大な境内には、国宝の金堂や、重要文化財の二王門、五重塔などが建ち並んでいます。この仁和寺の敷地内にある「御室会館」に泊まり、非公開文化財「金堂」で朝のお勤めを体験できる特別なプランは施設も改装済みで女性にもおすすめ。ロウソクだけの明かりの中、読経に耳を傾けながら心静かに祈りを捧げてください。

百舌鳥・古市古墳群

 大阪 百舌鳥・古市古墳群

2019年7月に世界遺産に登録された百舌鳥・古市古墳群。古墳時代の最盛期にかけて築造された古代日本列島の王たちの墓群で、古代日本の政治文化の中心地のひとつでした。墳丘の長さおよそ500mにおよぶものをはじめとする、世界でも独特な鍵穴型の前方後円墳が多数集まり、これらと多数の中小墳墓が密集して群を形成しています。セスナ遊覧飛行ツアーでは百舌鳥・古市古墳を上空から周遊できるので、テレビや写真で見ていたままの古墳の形を大迫力でお楽しみいただけます。

姫路城

 兵庫 姫路城

世界遺産にも指定されている「姫路城」。「白鷺城」とも呼ばれる優美な姿の城郭。鮮やかな白い城壁や、精巧に建てられた大天守の美しさは、他の城とは一線を画す見事さです。大阪発、姫路へ向かう日帰りバスツアー。世界遺産にも指定されている白亜の巨城「姫路城」や、まるで映画のセットのような「好古園」など、姫路の名所を一気にめぐります。西の比叡山とも称される「書寫山圓教寺」では、ロープウェイの往復チケット付きです。

石見銀山遺跡とその文化的景観

 島根 石見銀山遺跡とその文化的景観

石見銀山遺跡とその文化的景観は2007年に鉱山遺跡としてはアジアでは初めて世界遺産に登録されました。ここでは坑道跡や工房など銀生産に関わる遺跡が豊富で状態良く残されており、石見銀山世界遺産センターではその歴史を学ぶことができます。また石見ワイナリーではオリジナルワインのほかワインに合う食品や小物も販売しているので、お土産探しもできます。

厳島神社

 広島 厳島神社

広島県にある安芸の宮島こと「厳島神社(いつくしまじんじゃ)」は、日本三景のひとつとして知られる景勝地です。公式表記では「嚴島神社」と記します。明治末に社殿が国宝に指定され、1996年(平成8年)にユネスコの世界遺産に登録されました。観光地としての厳島神社は海を敷地とした大胆な構成と寝殿造りで観光客を魅了しています。駐車場の空き状況や電車の乗り換えを気にしなくてもいい観光タクシーならよりスムーズな観光が叶うのでおすすめです。

原爆ドーム

 広島 原爆ドーム

広島市の中心にある広大な「平和記念公園」。世界の恒久平和を願って建設されたこの公園とその周辺には多くのモニュメントや碑が集まっています。その中でも「原爆ドーム」は1996年(平成8年)に核兵器の惨禍を伝える建築物として世界文化遺産に登録されました。大きな傷となった歴史と、そこから力強い復興を遂げた現在の広島の姿をガイドの説明と共にツアーにてご案内いたします。

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業

 岩手静岡山口福岡熊本佐賀長崎鹿児島 軍艦島

長崎三菱造船所、日本発のハンマーヘッドクレーン、迎賓館・占勝閣などが含まれる明治日本の産業革命遺産、その中でも戦時中、戦艦武蔵を造った船台などの数々が残るのが軍艦島。かつては、炭鉱の町として栄えた人工島の島です。鉄筋コンクリートの建物がいくつも残っていますが、今はすべてが崩壊し廃墟として残っています。この軍艦島への上陸観光をガイドがフルサポートでご案内し、江戸時代直後に起こった日本の産業革命をひもときます。午前、午後の1日2便で運行しています。

「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群

 福岡 宗像大社

宗像大社は、日本神話に登場する日本最古の神社の一つで、御祭神は天照大御神の三女神です。沖津宮、中津宮、辺津宮にそれぞれ祀られており、この三宮を総称して「宗像大社」といいます。個人では周りにくい”『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群”ですが、観光タクシーなら効率よく巡ることができます。本土側人る宗像大社辺津宮だけでなく、フェリーおおしまに乗って、宗像大社中津宮と沖津宮遙拝所を目指します。さらに、新原・奴山古墳群もめぐる弾丸周遊コースです。

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産

 長崎 潜伏キリシタン

独自の歴史や文化を持つ個性豊かな街並みが特徴の外海(そとめ)地区をめぐる貸切観光タクシーツアーです。「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として、世界遺産に登録された出津(しつ)集落を中心に、歴史を感じる名所をめぐります。生涯を外海に捧げたド・ロ神父が建てた出津教会や、遠藤周作の小説『沈黙』の舞台にもなった黒崎地区に建つ黒崎教会などへご案内します。

屋久島

 鹿児島 縄文杉

1993年、島全体の約20%が世界遺産に登録された屋久島。世界遺産登録地域にある縄文杉は、確認されている屋久杉の中でも最大級の老大木で、圧倒的な存在感を放っています。出会えたときの感動は、一生もの。さらに、縄文杉トレッキングコースでは、ウィルソン株や夫婦杉など、自然が作り出した珍しい形をした屋久杉も見られます。往復約20km、所要時間約10時間のトレッキングでは、大きな達成感も味わえる特別な登山体験になること間違いなしです。

琉球王国のグスク及び関連遺産群

 沖縄 斎場御嶽

2000年に首里城跡などとともに琉球王国のグスク及び関連遺産群の世界文化遺産として登録された「斎場御嶽」。七御嶽の一つといわれる沖縄最高の聖地として崇められ、威部と呼ばれる神域があり、そこにある木々、土地、空間そのものが聖域として大切にされています。今でも聖地巡拝の習慣を残す東御廻りの聖地として多くの参拝者が訪れており、歴史や文化を学びながら巡りたい方には、那覇から送迎が付いた琉球神話聖地の島「久高島」とセットで巡るツアーでの参加がおすすめです。

オプショナルツアー、アクティビティに
参加するメリット

01

予約が簡単


ゼロから旅の計画を立てるのは手間がかかるもの。スケジュールが決まっているオプショナルツアーであれば、予約1つであなたの「見たい・行きたい」を簡単に叶えることができます。

02

移動も安心


土地勘がなくアクセスしづらい場所でも、ツアーなら安心して目的地に到着できます。移動だけで疲れてしまった…とならずに観光を楽しめることもポイント。

03

ガイド活用で感動倍増!


その土地についてより深く知ることができるのが、ガイドによる解説。歴史的背景やストーリーを知ることで、その土地への愛着がさらに増しますよ。

このサイトはCookieを使用しています。このサイトの閲覧を続けることで、お客様は当社のクッキーの使用に同意したことになります。   詳しくはこちら